とある理系院生のブログ

理系大学院生の僕が、就活や研究生活を通して得られたことや考えていることなどを記事にしていきます!

カフェでの考察

f:id:chem_diary:20190818161624j:plain

朝のカフェで本を読む。

 

となりのおばちゃんの笑い声が店内に響いている。

 

ぼくが読んでいるのは、投資信託についての本だ。

 

おばちゃんは同世代の人たちとまだ笑っている。

 

ぼくは最近、将来に向けての資産形成について考えている。

 

本を読みながら、実際にiPhoneの計算機を取り、シミュレーションをしてみた。

年利2%の投信に毎月5万円を積み立てるとすると、30年後には2400万円を超える。

現金で保有していると、シンプルに考えて5万円×12ヶ月×30年=1800万だ。

 

その差は600万円。 

 

投信積立のメリットはかなり大きい。

 

資産形成においては、若いうちからコツコツと積み重ねるのが成功の秘訣だと感じる。

 

何事もコツコツと積み重ねるのが大事である。

 

思えば大学受験の時もコツコツと努力を重ねて合格を勝ち取った。

就活でも毎日コツコツと面接練習を重ねて複数内定をもらえた。

 

そう。

「コツコツが勝つコツ」である。

 

ブログ運営においても同じことが言えようか。

 

【実例あり】理系大学院生のインターン面接攻略法 ~パート2~

どうも、こんにちは!

理系大学院生のたけし(@takecha11)です。

詳しい自己紹介は以下の記事をご覧ください!

chem-diary.hateblo.jp

 

さて今回は、前回に引き続き技術系のインターン面接について記事を書いていきたいと思います。

 

前回の記事(パート1)はこちらです!
chem-diary.hateblo.jp

 

 

インターンシップ面接は、本選考前に面接慣れできるという点で非常に大事です。

面接慣れすることで、本選考でも最初から焦らずに面接に臨むことができます。

 

しかし、ただ面接を受けて合否に一喜一憂しているだけでは成長しません。

 

自分がなぜ合格できたのか、または、なぜ落ちたのか。

それを深く考えて次に活かすことが何よりも大事であります。

 

この記事を通して、ぼくのインターン面接に対する考え方をお伝えできればと思います。

 

それでは、以下の三つの質問に対する回答と、回答を考える際のポイントを紹介します!

 

 

 

f:id:chem_diary:20190811211540j:plain

面接風景

なぜうちの会社か?

これは自分が大学で取り組んでいる研究と関連付けると説得力が増します。

無理やりでも構わないです。絶対どこかで繋げられるはず。

 

繋げやすいのが、環境系です。

僕の考えでは、最近はほとんどの化学メーカーが環境問題に敏感になっているので、そこを突くのが効果的だと思います。

 

~例えば~

有機合成研究室での新規反応開発を通して、環境負荷を考えるようになった。

御社の樹脂コンパウンド事業は、自動車の軽量化ニーズに応えるなどして環境負荷を低減させている点に魅力を感じた。そこで今まで私が培ってきた有機化学の知識を活かして、御社の一員として環境問題解決に尽力したい。

みたいな感じです。

 

ここで、厳しい面接官なら

「他の会社も環境負荷低減に貢献してますよね?」

という質問が飛んでくるかもしれない。恐ろしい質問です。

(僕の経験ではインターン面接であまり深堀はされなかった、たまに聞かれた程度。)

 

それを聞かれたら、事前に詳しく調べていたその事業の強み(他社との比較)などを述べて、そこに興味を抱いた、などと言えば良いと思います。

 

インターン面接においては、志望動機について論理の一貫性などはおそらくあまり関係ないです。

自分の経験上、志望動機の回答がしどろもどろになっても合格したケースが何回かありました。

面接では、自信と熱意を持って一生懸命に伝えているか、が一番大事です。

 

 

ちなみにインターンや本選考で、自分の研究内容と全く違うからやめておこう、などと考えて応募しないのはもったいないです。

 

以下の記事にも書いてある通り、化学専攻だからといって化学メーカーに絞りすぎるのも良くないです。

chem-diary.hateblo.jp

 

たしかに理系院生にとっては、自分の専門領域とかけ離れていると「なぜこの会社なのか」について考えるのが難しくなります。

しかし、自分の研究とどこかで共通点があるはずなので、それを見つける努力をしましょう。

そして恐れずにガンガン応募しましょう。

 

研究について

研究内容

研究内容については、小学生にも分かるように説明しましょう。

これは大げさに言っているのではありません。

本当にそのくらいのレベルで話す方が評価されると思います。

 

なぜなら、面接を担当する人事の方は文系だからです。

技術系だとしても、あなたの研究についてはド素人です。全く分かりません。

 

それなのに相手のレベルに合わせずに一方的に話しても全く伝わらず、評価されません。 

 

しっかり評価してもらえるように、相手のレベルに合わせて研究内容をわかりやすくかみ砕いて説明する必要があります。

 

文系の相手に、「こちらの分子ではホールと電子が再結合する際に励起状態ができて~」とか言っても相手は理解できません。眠くなるだけです。

 

面接官からすると、「この学生は色々熱く語ってるけど、結局どういう研究なんだ、、?」

という感じになってしまいます。

 

つまりここで評価されているのは、

素人にも分かるようにかみ砕いて研究を説明できる能力です。

すなわち、相手の目線に立って適切なコミュニケーションができるか、ということですね。

 

理系にとってのコミュ力とはこういうところで試されます。

 

真面目で成績が良いけど就活でうまくいってない人は、大体ここで躓いてしまいます。

 

研究内容を細かく完璧に伝えようとするんですね。

学会発表のように。

 

しかし面接は学会発表ではありません

評価軸が完全に異なるのです。

 

その事実をしっかりと受け止めて、

完璧ではないけど素人にも理解しやすい説明

を心掛けましょう!

 

そして相手が技術系の社員であれば、研究に深く突っ込まれることがあります。

そのときに、かなり深く踏み込んで説明すれば高評価が得られると思います。

インターン面接では深堀はあまりない。本選考は必ず技術面接がある。)

 

このように回答のレベルを使い分けることで、

相手によって説明を使い分けられる優秀な人材

であることをアピールできます!

 

 

研究で苦労したこと

面接官が文系の場合、必ずと言っていいほど「研究で苦労したこと」を聞かれます。

ぼくの体感では、8割くらい聞かれました。

 

面接官の人事は文系なので、あまり研究内容に興味はありません。

それよりも、研究に取り組む際の姿勢などを知りたがります。

研究に取り組む姿勢を通してその人のパーソナリティを判断しようとしてるんですね。

 

回答としては、単に困難を乗りこえた自慢をしてもあまり評価は高くないと思います。

 

~例えば~

どうしても合成できなかった化合物を、自分で論文を読んだり徹夜で実験したりすることで合成に成功しました。

みたいな。

 

これでは普通の回答になってしまいます。

回答のコツとして、ぼくは他人との関わりを加えることが大事であると思います。

 

~例えば~

どうしても合成できなかった化合物を、先輩と相談して様々な合成法を試したり、隣の研究室に協力を仰いだりすることで合成に成功しました。

みたいな感じです。

 

このように、ぼくは研究に関する質問でも、他人との関わりをアピールすることが重要であると考えています。

 

その理由は、入社後は他人と関わり合う必要があるからです。

いくら個の能力が高くても一人で仕事はできないのです。

 

なのでぼくは面接において、必ず他人との関わりを加えることを意識していました。

そして以下の記事にあるように、本選考において面接は9割合格することができました。
chem-diary.hateblo.jp

 

研究についての質問に対しても、ぜひ「他人と協力して困難を乗り越えた経験」を意識してみてください。

合格率がアップすると思います!

 

趣味について

f:id:chem_diary:20190811211630j:plain

趣味を教えていただけますか?

趣味については、アクティブな趣味にした方が良いです。

 

その理由は、自己管理ができていることを分かりやすくアピールできるからです。

 

ぼくの経験上、理系院生は研究で忙しいのでどうしても視野が狭くなってしまいます。

さらに、運動する機会も極端に減ります。

 

すなわち、気付かぬうちに心身ともに狭い空間に閉じこもっているんです。

 

そこで、研究室に引きこもっているだけではなく、定期的に運動することでストレス解消できてる、ということを伝えるのが効果的です。

 

そうすることで、しっかりとセルフマネジメントができる人材であることをアピールできるんです。

 

ちなみに、ある化学メーカーの人事も運動系の趣味の方が好印象だと言っていました。

 

趣味の話でも、多少話を盛ってもかまわないと思います。笑

 

ちなみにぼくは面接では本当の趣味を言ってはいませんでした

 

ぼくの場合、家に帰ってだらだらとyoutubeを見たりするのが好きですが、そんな趣味は面接で言ったことがないです。

 

もちろんyoutubeの話からどうにか自己PRができれば問題ないですが、それは結構難しいです。

僕の場合は本当にだらだら見てるだけなのでアピールすることはないんです。笑

 

なのでぼくは以下のtweetにもあるように、運動系の趣味をしていると伝えていました。

 (本当は全然していない)

 

 

その理由は、運動系の趣味ならそれだけで魅力的に映ると考えたからです。

 

週一でスポーツをしている人は健康的に見えると思います。

恐らく他人との関わりもあるでしょうし、メンタルも安定しているように映ります。

 

趣味については各人の戦略にもよりますが、一般的にはアクティブ系の趣味がうけが良いと思います。

 

どんな趣味でも良いですが、とにかく自己PRにつなげるべきです。

繋げやすいのが、運動系の趣味ということですね!

 

実際に面接で趣味を聞かれたときは、面接官に自分自身の強みや価値観が伝わるように

「何を考えてどのような行動をとっているか」

を具体的に話せると、合格率が上がると思います!

 

 

 

以上をまとめると、

 

・なぜうちの会社なのか

   自分の研究とつなげると説得力が増す

 

・研究内容について

   小学生にも分かるように説明する

   他人との関わりを意識する

 

・趣味などの私生活について

   アクティブな趣味で自己PRにつなげる

 

という内容でした!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

良かったらTwitter@takecha11)もフォローしてね!

【必見!】就活でやってよかったこと ~大手化学メーカーに内定するために~

みなさん、こんにちは!!

理系大学院生のたけし@takecha11です!

 

今回は、一年間の就活を振り返ってみて「やってよかったこと」を記事にしたいと思います!

初めての長文記事で慣れないですが、よろしくお願いします(^_^)

 

では早速、、、

個人的に、以下の5つのことをやってよかったと感じています。

 

 

研究・英語の勉強

やっぱり研究ですね~。理系就活においては、一番大事です!!

というのも、理系院生の就活においては面接ではほとんどが研究の話だからです。

 

・自分の研究を分かりやすく他人に説明できるか

・研究の課題や困難をどのように乗り越えたのか

などといったことを主に評価されます。

 

僕の内定した企業(総合化学メーカー)も、最終面接ですら半分以上が研究の話でした。

企業のお偉い方々となかなかにハイレベルな研究の議論を交わす、みたいな。

志望動機それだけでいいの、、?って感じ。笑

 

そこで活きるのが、日々の研究に対する姿勢です。

日頃から研究に没頭していれば、面接の際の研究についての質問は楽しく感じるでしょう。

本気で研究と向き合っている人なら何も怖くありません。

正直雰囲気に慣れれば楽勝です!

雰囲気に慣れれば」。笑


それに加えて、個人的に英語の勉強が役に立ちました!

僕は化学メーカーのみを志望していたのですが、どの企業も英語力を重視していると感じました。

 

というのも、日本では人口減少が進んでおり、日系企業は海外市場に活路を見出しているからです(多分)。

すなわち、各社グローバル化が進んでおり、彼らはグローバル人材を欲しているのです!喉から手が出るほどに(笑)。

 

そこで、何も武器を持っていなかった僕は必死で勉強してTOEIC800点を取り、唯一の武器として就活戦線を戦い抜きました!

(TOEIC800点は、頑張れば達成できるレベルだと思います。)

 

一般的に言えるのかは分かりませんが、英語力があると書類選考は通りやすい気がしました。

ESの書き方に個人差はあれど、その内容で差別化を図るのは難しいからです。

(みんなone careerとかを見てESを書くから似るのは当然だよね。)

 

なので、英語のスコアがあると魅力的な人材に見えるのではないでしょうか?

(少なくとも書面上は)

 

ぼくの経験や先輩、友人の実績から考えて、TOEIC800点は結構有力な武器だったと思いますので、特別な武器を何も持っていない人はTOEIC高得点を目指すことを強くお勧めします!

 

長期インターン

これは、以下の二つの点で役に立ちました。

 

企業の雰囲気を知れる

一つ目は、企業の雰囲気を知れることです

 

 

長期インターンでは、企業の雰囲気を知り志望職種について理解を深めることができます。

僕は本選考の面接において、10年後のビジョンなどを聞かれることがよくありました。

・どういう仕事に携わっていたいか?

・どのような人間になっていたいか?

などですね。

 

そのとき僕は、インターンでお世話になった先輩方(入社約10年目)のことを思い浮かべながら、鮮明にビジョンを伝えることができ、完璧な回答をすることができました。

 

このように、自身の将来に対する解像度を上げる意味でも、長期で企業に潜ることは貴重な経験になる思います。

 

実際に僕は冬季にふたつの長期インターンに行きました。

そしてなんと!

どちらも本選考では受けませんでした。笑 

 

内情を知って志望度が下がることも往々にしてあります。

僕はそれらの企業(どちらも大手化学メーカー)の長期インターンに行ってなければ、本選考も応募してしまい、消耗していたかもしれません。

 

インターンの段階で合わないと知れてよかったと感じてます。

それに加えて、業界研究を深めることができたので、その企業に似てる企業も受けることをやめました

この業界で働くのは嫌だなぁ。と感じてしまったんですね。

 

就活仲間を作れる

そして長期インターンに行くべきもう一つの理由が、就活仲間を作れることです。

インターンが終わっても連絡を取り合い、選考情報を交換したりできるので、心の支えになります。

将来も同じ業界に行くであろう人たちなので、良好な関係を築いて損はないと思います。

 

特に二週間のインターンでは、間に土日を挟むのでその日に一緒に遊びに行ったりして交友を深めました。

インターンに行くなら二週間以上を強くおすすめします!

 

就活という人生の大事な時期を共に過ごし、悩みを相談したりすることは良い経験だったと思います。


ちなみに、インターン生だけ別枠で有利に選考が進んだりすることもあります。

インターンへの参加が実質的な内定に繋がるくらい効力を発揮することもあるみたいです。僕の友人も何人かそのルートで内定をもらっていました。

 

しかし僕は、そんなことは全く望んでいませんでした。

個人的には、特別ルートで内定もらってもなぁ。という考えでした。

本選考までに研究や自己分析などを仕上げることの方が大事です!

 

徹底的な自己分析

これができてる人は強い。最強です。

その理由は、面接官が知りたいこと(自分のこと)を深く知れるからです。

就活の面接において面接官が一番知りたいのは、この学生がどんな人なのか、一緒に働きたいかどうか、という点だと思います。

 

そこで面接官のために、私はこんな人間ですよ~と自分のことを詳しく教えてあげるのです!

 

私はこんな強みがあってそれはこの経験で培われて、現在はこの活動に活かしているのでこの強みは将来も御社で活かせますよ~と。分かりやすく、ちょい盛りで(笑)


僕は最初自己分析を正直ばかにしてた。就活ごっこなんてくそくらえと思っていた。

だけどやっぱり自己分析は大事でしたね。ちょ~大事!

 

その重要さに気づかせてくれたのが、「メモの魔力」という本です。

これは本当に良書だと思います。ぼくは就活中、常に持ち歩き何度も読み返しました

 

自分の人生とは何か、深く考えるいい機会でした。

自己分析について何から始めたらいいか分からないという人は、とりあえずこの本を読んでください。

すべてが変わります。

本気で読めば人生が変わります。

 

僕が大手メーカーに内定できたのもこの本のおかげであると言っても過言ではありません。

迷っている暇があるならとりあえず読んでみましょう!

そして徹底的な自己分析をして、自分が何者なのかを見極めると良いです!

 

文系の友達と就活対策

これは、視野を広げる意味で役に立ちました。はっきり言って、文系の就活は大変そうでした。


僕は理系の就活仲間だけでなく、文系の友人と就活トークをすることでかなり有意義な就活にすることができたと思っています。

 

ぼくのような理系の人は、自身の専攻がそのまま志望業界につながることが多いです。

僕も化学専攻だから化学業界を志望してた。

 

一方で文系の人は業界が決まっていません

そこで彼らが何を考え、どの業界を志望しているかの思考プロセスを知ることは非常に刺激的でした!

 

彼らは自身の「数年後の市場価値」というのを強く意識している点が印象的で、我々理系院生にはない価値観だな~と。

ぼくはとにかく目の前の実験に必死で、化学が好きだから化学メーカーに行きたい。それだけの志望理由だったことが恥ずかしくなるくらいに、彼らは自身の将来について深く考えていました。


それから僕は文系の就活仲間の影響を受けて、自分が将来どうありたいか、を考えるようになりました。

面白いことに、それが結構面接で聞かれるんです!

 

そして自分が化学メーカー技術職でどのような人生を創っていきたいかを語ると、面接官の穏やかな表情が見られ、手応えばっちりでした(笑)。

文系の友人に感謝ですね。


文系の就活ガチ勢と一緒に就活戦線を戦い抜くことで、自分の就活力が上がります!間違いなく。

 

多めにエントリー

僕は多めにエントリーすることで精神的な安定を得ることができました。

就活後半になると、自分の持ち札が少なくなってくることがあると思います。

僕はそれを危惧して、最初から20社以上エントリーシートを提出しました(自分の周囲では多い方)。

 

そしてそれらの面接をこなしていくことで、面接に慣れていきます。

慣れると間違いなく面接力は上がっていきます!

というのも、自分の研究内容について面接官が聞いてくることはほぼ同じだと気付くからです。

数回技術面接をこなせば、ほぼ完全に対策できると思います。

面接は「企業に合うか合わないか」で決まるなどということはありません。

「いかに数をこなして慣れたか」であると思います。

 

面接は、とにかく慣れることが一番大事です。

そして次第に自信をつけていく。

冷静に考えて、自分の研究のことは自分が一番詳しいはずなので、慣れればこっちのもんです、まじで。

 

 


とまぁ、今回長々とかきましたが、とにかく理系院生の就活で一番大事なのはやはり研究の話

これだけは間違いないですね!

日頃から就活の一環だと思いながら全力で研究に励みましょう!

 

この記事が理系院生の就活に役に立てば幸いです。

 

Twitterもフォローよろしくお願いします!

 @takecha11

【実例あり】理系大学院生のインターン面接攻略法 ~パート1~

はいどうも、こんにちは!

20卒化学メーカー内定者のたけし(@takecha11)です。

Twitterの方もフォローよろしくお願いします!

 

今回は、インターン面接では何を伝えれば良いのか」というお悩みに対して記事を書いていきたいと思います!

 

そろそろインターンの時期ですね。

僕は、インターンは就活において一番大事なイベントであると考えています。

その理由は、入社後のミスマッチを防ぐことができるからです。

 

それゆえ、気になる企業があればインターンに参加してみることをお勧めします!

ぼく自身も、大小さまざまな化学メーカーのインターン合計10回以上参加しました!

 

 

それでは、インターン面接攻略法について書いていきたいと思います!

とりあえず定番の質問二つに対する回答&考え方を伝えていきたいと思います!

 

 

定番質問は以下の二つです!必ず聞かれる項目ですね。

 

 

自己紹介

これは、必ず冒頭で聞かれます。

質問というよりは緊張をほぐすためのアイスブレイク的な感じでしょうか。

しかし、決して気を抜いてはいけません。笑

 

質問の雰囲気としては、企業によりますが、大体は「では初めに、軽く自己紹介をお願いします。」的な感じです。

 

一見簡単そうに見えますよね?

しかしこれが、面接に慣れていないと本当に緊張するんです!

 

基本的に自己紹介は、以下の構成で行うと良いです。

出身大学+名前+研究の紹介+軽い自己PR

 

出身大学+名前

「〇〇大学大学院〇〇研究科〇〇専攻の(名前)と申します。」これでOKです。

ここで大事なのは、中身より声量です。声は大きすぎるくらいに元気よく!

ちょっと口角あげ気味で!

 

研究の紹介

これは必ず自己紹介に加えたい項目です。

その理由は、研究熱心なことをアピールするためです。

 

研究開発職のインターン(or本選考)であれば、必ず研究紹介は入れましょう。

僕の感覚では、「サークルの副部長」などの輝かしい経歴(?)よりも研究内容を優先して伝えるべきだと思います。

 (事務系職種の場合は全く分かりませんが。)

 

研究成果が出ていないとか関係ないです。自信を持って、はきはきと喋ることが一番大事!

注意すべきは、相手は素人だということ。

どこまでかみ砕いて説明すればいいのかは、正直かなり難しいです。

 

経験を重ねるとその感覚がつかめてきますが、最初のうちは練習あるのみです。

色んな人相手に練習を重ねましょう!できれば文系相手に。人事は文系だから!

 

軽い自己PR

時間が許す限り、これも加えたいです。

その理由は、面接を通してこれを言えずに不完全燃焼で終わる可能性があるからです。

もったいない!

 

僕の経験上、化学メーカー技術職では面接を通して自己PRを聞かれない場合もありました。

(特にインターン面接は時間が短いことが多いからその傾向が強い)

 

その場合、冒頭でただの自己紹介(大学+名前+研究の話)をするだけでは不完全燃焼に終わってしまいます。(せっかく自己PR準備したのに、、、泣

なので、ここでできるだけ軽く自己PRも伝えたいです。

 

しかし、自己主張強すぎも良くないのでほどほどに。

長々と自己PRをするのは低評価になってしまいますので気を付けましょう。

こいつ話が長いなぁ。と思われたら負けです。ほどほどにしましょう。

 

TPOに応じた的確なコミュニケーションというのは、やっぱり難しいですよね。

日頃から意識することで本番でも感覚がつかめると思います。

 

基本的に、どのくらいの尺で喋ればよいのかは面接経験を重ねると分かってきます。

しかし最初のうち(インターン選考とか)は全くつかめないので、友人と面接練習をしてフィードバックを受けると良いです。

 

就活にプライドなんかいらないですマジで。

 

 

ちなみに僕は、自己PRでは粘り強さを主張していました(インターンも本選考も)。

化学メーカー技術職では粘り強さが求められると考えていたからです。

 

 

まぁ、他に必要なスキルがあればそれに合わせてアピールすれば良いと思いますが、基本的に「粘り強さ」は鉄板であると思っています。

 

 

ここでは他人と被るとか気にしない方が良い。

こんなところで差別化を図ろうとしても悪目立ちするだけ

 

 

志望動機

インターンの志望動機はかなり難しいですよね。

 

本選考なら入社の意思を熱心に伝えれば良いですが(そんなに甘くはないが)、インターンは「なんとなく参加したい」というのが本音でしょう。とりあえず就活の雰囲気感じたい、的な。

 

しかしそれを正直に伝えてしまうと受からないです。

インターンの場合でも、志望動機では必ず入社意欲を伝えましょう。

ただ単に、「化学メーカーで就業体験をしてみたいです!」とか言うのは絶対ダメ!

 

その理由は、受け入れ企業は慈善団体ではないからです。

 

僕の考えでは、向こうもインターン採用において何かしらの目標値が設定されているのだろうと予想していました。

インターン参加者の本選考応募率や、内定率などです。

 

なぜなら、インターンを開催するのに莫大なお金がかかるからです。それは冷静に考えてみたら分かると思います。

繰り返し言いますが、企業は慈善団体ではありません。

彼らの利益にならないことは一切やりません。

 

これは就活中ずっと頭に入れておいてほしい考えですね。

 

 

そして企業にとっては、入社意欲のない人を一週間とかインターンに受け入れてしまったら、かなり痛手です。

面接官は上司に怒られちゃうかもしれない。

 

なので面接においては、面接官に自分を合格にする理由を与えてあげるために、必ず入社したい意思を見せることが大事。

 

 

インターン面接において入社意欲を演出するために僕が実践していたのは、主に二つあります。

 

〇〇の事業に興味がある

まずは、「どの事業に興味を持っているのか」を伝えていました。

そのために、面接前にある一つの事業についてかなり深く調べました。

 

その理由は、一つの事業についてかなり詳しいと、しっかりと企業研究をしているイメージを与えられるからです。

 

例えば、日本のある文化遺産についてかなり詳しい人がいたとします。

これは明治時代にこういう時代背景から誰々が設立して~みたいな。

めっちゃ好きでおれ毎年行ってるんだよね。みたいな。

 

その人なんとなく歴史全般得意そうだな、と錯覚しませんか?

そんなイメージです。ただの錯覚ですが、効果抜群です。

 

 

そして面接官からすると、「深く企業研究をしている=入社意欲が強い」ということになるので、インターン合格にぐっと近づくんです。

 

ここで大事なのが、深く調べるのは一つだけで良いということです。

 

それ以外の事業についてはノータッチ(or軽くタッチくらい?)で良いと思います。コスパ重視で。

 

自分の興味があるならとことん調べれば良いですが、一つについてかなり詳しくなるだけで、「しっかり企業研究をしている就活生」であると錯覚させることができます。

 

興味ある事業については、「広く浅く」より「狭く深く」がポイントということです。

 

 

現場を知り、入社後に必要な能力を把握したい

これも入社意欲を見せるためです。嘘でも良いからとりあえず言っておくのが定石。

 

~例えば~

御社は海外売上高が〇〇%で、グローバルに働きたいと考えている自分にとって魅力的。インターンを通して実際の働き方を体感し、入社後にグローバルに活躍するために必要とされる能力を把握し、成長の指針を得たい。

みたいな感じです。

 

そのように伝えることで、「将来うちで活躍してくれるかもしれない」と思わせることができると思います。

 

それはすなわち、面接官にとってインターン参加者の本選考内定率」期待値が大きくなることであります。

なので結果として、高い評価が得られます!

 

とにかく御社大好きアピールをすることが大事ですね!

 

 

 

繰り返しになりますが、「面接官に自分を合格にする理由を与える」ことを意識しましょう!

 

 

以上、長くなってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございました!

 

良かったらツイッター@takecha11)もフォローしてね!

 

次回は ~パート2~ を記事にするつもりです!

ではまた。

 

 

 

 

就活で志望業界を絞りすぎてはいけない理由! ~内定ゼロを避けよう~

こんにちは!

理系大学院生のたけし(@takecha11)です!

 

~自己紹介~

僕は就活で大手化学メーカーを中心に受けて、合計5社から内定を頂くことができました!

自分の就活実績や就活観については以下の記事で詳しく書いております。

 

chem-diary.hateblo.jp

 

 

さて今回は、これから本格的に就活を始める理系院生向けの記事になります!

 

理系院生の就活において、志望業界を絞りすぎるのは危険!ということをお伝えしていきたいと思います。

 

 

理系就活において、

「業界研究とかめんどくさいからとりあえず専攻分野の業界でいいや。」

なんて考えていると、就活終盤で間違いなく後悔します。

 

業界を一本に絞って勝負することは効率がいいようにも思えますが、実は危険です。

就活後半になって焦らないように、志望業界を絞りすぎない方が良いです!

 

 

その理由は、以下の三つです。

 

視野が狭くなる

就活は、一生に一度の社会を広く知れる良い機会です。

この機会を逃すのは非常にもったいない!

各企業の工場などを見学できるのはこの時期だけですよ。就活生だからサービスしてくれるんです。

学べることが本当にたくさんあると思います。

 

就活を通して社会のことを広く勉強する経験は、自分の財産になります。

そしてその経験は、就活における戦闘力に繋がるのです!

 

就活を乗り越えた後も、幅広く業界研究をしていた経験がいろんな場面できっと役に立ちます。

 

就活前の段階では自分の可能性は無限大です。

思考停止で専攻分野に合わせて業界を定めるのではなく、しっかりと考え抜いて、将来の自分に恥じぬような選択をしましょう!

 

さらに、就活でよくある質問として「なぜ〇〇業界を志望しているのですか?」という質問があります(結構聞かれた)。

この時に説得力を持って答えるためには、まずは他業界との比較が大事であります。

 

その時の回答としては、まず自分の就活の軸を述べて、それは他の業界でも成し遂げることはできそうだが、私はこの業界でこのような経験を通して成し遂げていきたい。というように繋げていけば、かなり説得力のあるものになるでしょう。

合格にぐっと近づくはずです。

 

 

色んな業界を研究することによって視野を広げ、自己分析によって自分を見つめる

そしてそれらを組み合わせて志望理由を語る。

これが面接の基本姿勢になります。

 

 

自分の「できる」と企業の「求める」は違う

理系だから自分の専攻を活かせば大丈夫という甘い考えは捨てた方が良いです。

いくら研究能力が高くても、落ちるときは落ちます。様々な理由で。

 

その理由は、就活には「相性」というものがあるからです。

厄介ですよねぇ~笑

 

自分の志望度が高くても、相手企業に自分が合わないと判断されたら採用はされません。

いわゆる「片思い」パターンです。悲しいよ。

 

そしてその時に、業界を一本に絞っていた人は他の業界を見ようとしてもモチベーションが上がりません

すぐには他の女を好きになれないよ。

 

さらに就活が終盤に近付くにつれて焦り、そこから悪循環が始まってしまうのです。

売れ残り同士でくっつくなんて嫌だよ。

 

 

就活においては、「自分の志望している業界に合わない」というのはよくある話です。

逆に、意外に自分に合う業界もあるかもしれません。

 

その業界に合うか合わないかは、その業界で働いている面接官に判断してもらうしかないんです!

 

自分で判断する前に、とりあえず幅広く業界研究をしてみましょう!

将来、救われるかもしれませんよ。

 

 

自分の興味は簡単に移り変わる

質問です。

あなたは10年前、今の専攻分野が好きでしたか?

 

僕は化学なんて全く興味ありませんでしたね。

10年前は英語教師になりたかった。笑

 

何が言いたいかというと、たかが数年の大学での専攻で将来を決めるのは危険です。

今の研究が楽しいからと言って、将来も楽しんでやれるかは分かりません。

 

それよりは、将来伸びそうな業界や、追い風が吹きそうな業界に身を置く方が賢い選択だと僕は思います。

どんなに個人の能力が高くても、時代の流れには逆らえないからです。

 

逆に、能力が低くても、大きい川の流れに乗れば楽に泳げるんです。笑

 

さらに、入社後に「これ思ってた仕事と違う、、、」と絶望することもあるかもしれません。

化学研究が好きで化学メーカーにきたのに、工場で肉体労働じゃん。涼しい研究所でフラスコ振りてぇよ、、みたいな感じです。

 

その時にはもう手遅れになってしまいます。

業界研究を怠った自分を責めるしかありません。

 

 

そういう意味でも、自分の専攻分野だからといって業界を絞りすぎることはリスクが伴うと考えられます。

 

しっかりと将来を自分なりに予測して判断するべきだと思います!

 

具体的な行動としては、一回IT業界などを覗いてみることをおすすめします!

逆に、斜陽産業となりそうな業界を覗くのも良いかもしれません。

とにかく行動しましょう。

 

色々と長くなりましたが、以上をまとまると、

 

・視野が狭くなる

・相性が合わない可能性がある

・自分の興味は移り変わっていく

 

という理由から、「志望業界の絞りすぎは危険」というお話でした!

 

 

~この記事を見た後の具体的な行動アドバイス

まずは色んな業界、職種を調べてみましょう。

そして色んな業界を知ったうえで、やっぱり化学業界が面白そうなら化学で良いし、なんとなくIT業界面白そうだな、などと感じたら思い切ってインターンに申し込んだりしましょう!

 

間違いなく言えることは、化学業界だけでなく他の業界についても詳しい人は、就活戦線でかなり力を発揮します!無双できるでしょう。

 

 

ということで、最後までご覧いただきありがとうございました~!

 

コメント等下さると喜びます!

Twitterフォローもよろしく!(@takecha11

 

 

 

 

理系就活で複数内定もらった話 ~自己紹介~

はいどうも、こんにちは!

理系大学院生のたけし(@takecha11)です。

 

久しぶりの投稿ですね!

前回偉そうに就活のことを綴りましたが、そもそもお前誰やねん!って感じだと思います。(笑)

 

chem-diary.hateblo.jp

 

 

ってことで、さっそく自己紹介をしていきたいと思います!

 

 

自己紹介

・地方の理系大学院生。化学系の研究室在籍。
TOEIC800点台(頑張った)。大学の成績はまぁまぁ。
・半年でサークル辞めた。だるかった。笑
・大学時代は適当にバイトして、適当に遊んでたまに勉強するような感じ。
・特にこれといった趣味もないので、学生時代に取り組んだこと~みたいな質問は苦労した。
・ドクターに行くほど今の研究分野が好きではないので、全力で就活した。

 

どうでしょうか。いたって普通の大学生ですよね。

この程度のスペックでも、本気で就活すれば大手化学メーカーから複数内定を頂けました!

 

就活の軸

・化学が好きで日本の化学産業に魅力を感じていたので化学メーカー志望。
・世界を相手に戦いたかったので、グローバル志向。
・ある程度待遇が良い
・勤務地が悪くない


とまぁ色々ありますが、正直言いますと、化学メーカーはどこもほとんど同じ!笑


大手だと給料も大体同じで勤務地は大体田舎!笑
なので、気になったらとりあえずES出してました。(笑)

 

逆に、企業選びであまり気にしなかったこと

事業内容

この事業がやりたい!と思って入社しても、希望する部署にいけない可能性もあると考え、あまり気にしませんでした。
そして興味は移り変わるものなので、今の興味で決めてもなぁと思ってました。
どの仕事でも全力でやります!というスタンスです。笑


もちろん、面接で聞かれた時のために「興味のある事業」は準備していましたよ!笑

 

人の雰囲気

僕が志望してた企業はほとんどが大企業であったので、人の雰囲気は当てにならないと考えていました。

大企業は様々な部署があり、部署ごとに雰囲気が異なることをインターンで感じていたからです!


そもそも、人事も就活における座談会などにモンスター社員を呼ばないでしょう。笑


なので、大企業にはいろんな人がいるということをあらかじめ覚悟しています!笑
ただ、それぞれの企業の大まかな「社風」というものはあると考えており、そこは少しだけ意識していました。

 

まとめ

以上をまとめますと、もうお気づきかもしれませんが、僕は企業選びは結構適当でした。笑


興味があるところはとりあえずES書いてみよう、くらいのスタンスで。
なので、有名化学メーカーはほとんどES出してます。よっぽど嫌じゃない限り。笑

 

僕の考えでは、企業研究をして志望度を高めるよりも、ES添削や面接練習などをして通過率を上げることの方が大事だと考えていました。


結局、いくら志望度が高くても落ちるときは落ちる。

それが就活です。(知らんけど。笑)


最終的に内々定をもらい、企業と同じ土俵に立ってから本気で企業研究をすればいいかなぁと。


僕は推薦は使わず自由応募で色々受け、運よく5社から内々定を頂きました。

そのうちいくつかは日本を代表する総合化学メーカーでした。

 

内々定を頂いてからは死ぬほど悩みました。

四季報を見たり、IR資料読み込んだり、会社パンフレットやVorkersをチェックしたり、悩みに悩みました。


そして、最終的にその5社から1社を選ぶときの決め手は「知名度と年収」でした。
結局そうなるんだよなぁ。笑

 

やっぱり大手企業の知名度と年収は魅力的でしたね。。笑
自分で思いましたよ。結局それかよ~、と。

 

 

まぁ、この選択が正しいのかなんて誰にも分かりません。
ただ、この選択を正解にできるのは僕しかいません!
後悔しないよう、社会人として精進してまいります。

 

 

ということで、以上がぼくの自己紹介でした~。


最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

良かったらツイッターもフォローお願いします!

@takecha11

はじめに

一年間の就活を通して感じたことや得られた情報を記録し、共有しようと思いブログをはじめました。

自分が実際に体験した出来事をもとに、就活対策などを書いていくつもりです。

リアルな就活を発信していきたいと思います!

これから地道にコツコツと更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします!!

 

Twitterもやってますので、お気軽にフォローよろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

@takecha11